ナイトワークなら先ずは体験!

ナイトワークの遊び方

ナイトワークで遊び慣れているお客さんは、キャバ嬢の都合というものを良く理解してくれてる人が多いですよね。私が働いている横浜のナイトワークにも、そういうお客さんがよく来られるんですけど、会話の内容もスマートで不躾な質問などはまずしてきません。女の子がナイトワークで働くのって、それなりに深い事情があってのことが多いので、そういう気遣いをしてくれるお客さんはキャバ嬢からも好評です。遅刻ペナルティを避けるためだけの同伴だとわかっていて店前同伴に応じてくれたり、不用意にキャバ嬢にベタベタ触ったりすることもしないので、そういったお客さんの指名をもらえるとキャバ嬢にとってはとてもラッキーです。毎回大枚をはたいてくれるというわけではないですが、強制同伴日や強制指名日などを理解してくれて付き合ってくれるので、面倒な客が来るたびにこういったお客さんばかりならいいのにと思ってしまいます。高収入で遊び慣れているそんな都合のいいお客さんは、嬢が落ちたらお店に来なくなってしまうことが多いです。嬢との駆け引きを楽しむのがナイトワークの遊び方だと思っているようなので、私も落ちないように気をつけないといけないですね。


こちらの関内キャバクラ求人にはたくさんの求人情報が掲載されているのでおすすめです。

向いてるかも?

神奈川で一番都会なのは、やっぱり横浜ですよね。私は地元が大好きで、高校を卒業したあともフリーアルバイターとして色々なバイトをしてきました。定職に就くより、若いうちに色々な職種を経験して、自分に一番合った仕事を見つけようと思ってたんです。二十歳になって、外で堂々とお酒が飲めるようになった時に、待ちに待ったナイトワークでバイトを始めました。煌びやかで高収入の男をたくさん手玉に取るキャバ嬢を、テレビで見てからずっと憧れてたんです。そのために、バイトで稼いだお金でせっせと自分磨きもしてきました。身体のラインを綺麗に見せるドレスを買ってみたり、お肌がキレイになると評判の化粧品を買ってみたり、たまにはエステや岩盤浴に行ってみたりと、結構自分にお金をかけてきました。接客業ばかりを経験してきたんで、お客さんとの会話は始めの頃から結構スムーズに出来ました。可愛いねって言ってくれるお客さんも多くて、仕事はすごく楽しかったです。お客さんに頼めばドリンクも飲み放題ですしね。そこそこレベルの私でしたが、意外にも半年でナンバー入りを果たしました。